【21F/W】FLAT FRONT EASY PANTS 2/72 SUPER 120’s WOOL VIYELLA / MARKAWARE(マーカウェア)

A21C-11PT02C/CHARCOAL GRAY

36,300円(税3,300円)

定価 36,300円(税3,300円)

 12
CHARCOAL GRAY36,300円(税3,300円)
在庫なし
36,300円(税3,300円)
在庫なし
カラー
サイズ

【BRAND】MARKAWARE

【No.】A21C-11PT02C

【COL】CHARCOAL GRAY

【SIZE】1-2

【FABLIC】2/72 SUPER 120’s WOOL VIYELLA

【QUALITY】100% WOOL

【ファブリック・アイテム解説】
ノータックでストンと落ちたストレートフィットの“フラットフロントトラウザーズ”。
今回のウールヴィエラ生地ではウエスト周りをすべてゴムにした
リラックススタイルでの展開です。

同素材で展開しております、コンフォートフィットシャツとセットアップで
ジャンプスーツ(つなぎ)のように着用するのもおすすめです。

以下、デザイナー石川氏による生地解説です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウールでシャツを作る。ネルシャツなどでは一般的ですが、オールシーズン着られるようなドレスライクなものは、あまり多く無かったと思います。洗濯が気になる、チクチクしそう、といったことがウールのシャツが普及しなかった理由だと思います。しかし、ウールはシャツにもぴったりの生地です。風通しがよく涼しい。その一方、上からアウターを羽織ればコットンよりも暖かく、湿度を含んでも冷たくならないので汗冷えしない。皴になりにくく、また臭くならない。といった素晴らしい特徴の数々を持っています。今は防縮技術も進歩して家庭洗濯できるウールを作れますし、細いウールが採れるようになったので、ちくちくしないものがあります。MARKAWARE、Textではそんな素晴らしいウールシャツを何種類かの生地で作ってきました。
 その中でも、特に気に入っている生地がこのいウールヴィエラです。ウールの落ち感が綾組織により際立ち、オーバーサイズのシャツを作ってもドレープ感が出て綺麗に着られます。仕上げで軽く毛羽立てていますので、寒い時期にも良いです。
 トップカラーはニュージーランド産ノンミュールジングウールを使い、ベタ染めはアルゼンチン産オーガニックウールを使いました。どちらも非塩素の防縮加工を施しているので家庭洗濯ができます。繊度は17.5㎛、チクチク感は感じないはずです。製織は愛知県一宮市のションヘル織機を使っています。
 防縮加工が入っているからといって、頻繁に洗濯する必要はありません。着たら2〜3日休ませれば臭いが付くことはほぼありません。皴もハンガーに干しておけば気にならない程度に戻ります。それでも残る深い皴は、スチーマーを当てれば、楽しくなるくらいに無くなっていきます。台衿やカフスの内側が気になるようなら部分洗いだけで。洗濯しなければ劣化も少なくなるので長く着てもらえます。

【サイズスペック】
【1】ウエスト70cm~ 股上31cm 股下70cm 太腿幅29cm 裾幅21cm
【2】ウエスト71cm~ 股上31cm 股下70cm 太腿幅30cm 裾幅22cm
※平置き採寸につき、若干の誤差が生じる場合があります。
※商品に関するご質問等、お気軽にお問い合わせください。
カラー
サイズ
 12
CHARCOAL GRAY36,300円(税3,300円)
在庫なし
36,300円(税3,300円)
在庫なし

カテゴリーから探す